幅広い分野での活躍

税理士の仕事は、企業や個人の税金などについてサポートするのがメインで、その際、納税者の代わりに申告を行う税務代理や税務署に提出する書類を作成する、確定申告の際に税金の相談を受けるなども重要な仕事となっています。税金の法律は、とても複雑で難しいため、プロである税理士に任せているというのが一般的です。

会社は、税金対策や資金、また経営や事業方針などの面でいろいろ考えなければならないことも多くあり、なかなか細部まで目が行き届かないことも多いのですが、そういったいわゆるお金の部分を任せるには税理士に依頼するのがベストなため、顧問料を払って税理士と契約を結んでいます。このように税理士が担当することによって、会社側にとっても助かりますが、確実に納税されることによって社会に大きな貢献をしているということにもなります。

さらに、企業においては、経営相談をしていることもあります。売り上げや経費を把握しているため、税金対策はもちろんのこと、内部では気づきにくい無駄な経費をなくすことや、節約する方法など、指摘してもらうことにより、業績が良くなったり、収益が大きく増えたりすることもあるので、税理士と良いパートナー関係を築くことは大事です。