税理士の仕事

会社では法人税や消費税などの税務関連や財務書類の作成などの会計業務について活躍し、個人では確定申告などのときにお世話になる税理士ですが、具体的にはどのような仕事をしているかご存知でしょうか。

一般的に、税理士は多数の会社と契約して、税務会計についてアドバイスを行い、必要な書類を作成するなど、会社にとって無くてはならない存在です。具体的には、所得税などの各税の申告、届出、申請、税務調査の代理などの税務代理、確定申告などの税務署に提出する書類の作成、財務書類の作成や会計帳簿の代行などの会計業務のほか、身近なところでは税務相談なども行っています。

また、税務訴訟などにおける補佐人として、裁判所に出頭することもあり、地方公共団体の監査人としての役割もあります。昨今の事情から、高齢化社会における成年後見制度により法的な面や財的な面から後見人をサポートするなど多岐に亘っています。

このようにあらゆる分野での活躍が見られる税理士ですが、あまり知られていないかもしれませんが、経済事情を把握しているプロとしての知識を生かして会社設立の代行を行っている場合もあります。会社設立というと、司法書士や行政書士などの、どちららかというと、会社設立のために必要な書類を作成したり手続きをしてくれるイメージが強いほうを選びがちですが、税理士についてはどのように行われているのか調べてみました。それぞれの違いを把握して、夢の会社設立を考えてみてはいかがでしょうか。