会社設立代行依頼

会社にとって無くてはならない税理士ですが、会社設立前でもお世話になることはできます。というのも、会社設立代行という仕事も実は税理士の仕事として行われています。もちろん、司法書士や行政書士でも手続きは可能ですが、ここではあまり知られていない税理士の税理士による会社設立代行に触れてみたいと思います。

会社設立のためには、いろいろな書類が必要になり、手順も煩雑で、提出書類の書き方など、数多くのステップが必要になります。いざ夢の会社設立をしたいと思っても、その大変さに考えているうちに挫折してしまいそうな気持になるほどです。それを代行してくれるのはやはり大きなメリットです。会社の名前や所在地などの基本事項や、法人印や資金などを準備するだけで、最短一日で手続き書類を作成してくれるところもあります。

そして税理士のメリットは、何といっても税務関係に精通していることでしょう。会社にとって、有能な税理士はやはり必要不可欠です。設立代行だけでなく、アフターフォローとしての節税対策や融資を受ける際の書類なども作成してくれるところもあります。そのまま顧問としての契約もできることによって、より格安によい関係を築くこともできるかもしれません。また、一般の企業との取引と同じように見積もりも取ることもできるので、いろいろな事務所を比較して自分に合った税理士を探してみるのもいいでしょう。


幅広い分野での活躍

税理士の仕事は、企業や個人の税金などについてサポートするのがメインで、その際、納税者の代わりに申告を行う税務代理や税務署に提出する書類を作成する、確定申告の際に税金の相談を受けるなども重要な仕事となっています。税金の法律は、とても複雑で難しいため、プロである税理士に任せているというのが一般的です。

会社は、税金対策や資金、また経営や事業方針などの面でいろいろ考えなければならないことも多くあり、なかなか細部まで目が行き届かないことも多いのですが、そういったいわゆるお金の部分を任せるには税理士に依頼するのがベストなため、顧問料を払って税理士と契約を結んでいます。このように税理士が担当することによって、会社側にとっても助かりますが、確実に納税されることによって社会に大きな貢献をしているということにもなります。

さらに、企業においては、経営相談をしていることもあります。売り上げや経費を把握しているため、税金対策はもちろんのこと、内部では気づきにくい無駄な経費をなくすことや、節約する方法など、指摘してもらうことにより、業績が良くなったり、収益が大きく増えたりすることもあるので、税理士と良いパートナー関係を築くことは大事です。


税理士の仕事

会社では法人税や消費税などの税務関連や財務書類の作成などの会計業務について活躍し、個人では確定申告などのときにお世話になる税理士ですが、具体的にはどのような仕事をしているかご存知でしょうか。

一般的に、税理士は多数の会社と契約して、税務会計についてアドバイスを行い、必要な書類を作成するなど、会社にとって無くてはならない存在です。具体的には、所得税などの各税の申告、届出、申請、税務調査の代理などの税務代理、確定申告などの税務署に提出する書類の作成、財務書類の作成や会計帳簿の代行などの会計業務のほか、身近なところでは税務相談なども行っています。

また、税務訴訟などにおける補佐人として、裁判所に出頭することもあり、地方公共団体の監査人としての役割もあります。昨今の事情から、高齢化社会における成年後見制度により法的な面や財的な面から後見人をサポートするなど多岐に亘っています。

このようにあらゆる分野での活躍が見られる税理士ですが、あまり知られていないかもしれませんが、経済事情を把握しているプロとしての知識を生かして会社設立の代行を行っている場合もあります。会社設立というと、司法書士や行政書士などの、どちららかというと、会社設立のために必要な書類を作成したり手続きをしてくれるイメージが強いほうを選びがちですが、税理士についてはどのように行われているのか調べてみました。それぞれの違いを把握して、夢の会社設立を考えてみてはいかがでしょうか。